姫路市の歯医者 歯周病治療

歯周病治療

歯周病とはどんな病気ですか?

歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間に食べかすが残っているとそれを栄養源として細菌が増殖し、歯垢(プラーク)という細菌の塊がべっとりと歯の表面にへばりつきます。
細菌たちは毒素を出し、歯ぐきや顎の骨を破壊していき、 歯周ポケットという溝を作っていきます。

歯周病治療

顕微鏡で拡大したプラーク

顕微鏡で拡大したプラーク

歯周病、虫歯の原因菌たちが所せましと集まっているのが分かります。
採ってすぐのプラークの中の細菌たちは、ヘビが水中を泳ぐように泳ぎ回っています。
当院では、プラークを見るための位相差顕微鏡を置いております。
皆さんも、一度ご自身の口の中の細菌のを見てみてください。

歯周病の進行具合

健康な歯肉

健康な歯肉は引きしまっていて薄いピンク色をしています。

健康な歯肉

歯肉炎

プラークや歯石を放っておくと歯周病菌の出す毒素で歯ぐきが赤くはれ上がってきます。この状態の時に対処すれば、まだ元の歯ぐきに戻すことができます。

赤くはれ上がる

歯周炎(中等度)

歯肉炎の状態で放っておくと、今度は歯槽骨(歯を支えている顎の骨)の破壊が始まります。骨の破壊が進むにつれて歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)が深くなっていきます。だんだんと歯がグラグラ動き始めます。

顎の骨の破壊

歯周炎(重度)

ここまで顎の骨が無くなってしまうと歯は次々と抜け落ちていきます。

歯が抜け落ちる

歯周病にはどんな治療をしますか?

歯磨き

お口に関する知識や自分のお口の中の状態を知っていただき、正しい歯磨きの仕方を身につけてもらいます。(歯磨きではとれなくなった歯ぐきの上の歯石とりを行い、歯磨きし易くします。)
上手に歯磨きができるようになれば次のステップです。

歯磨き

歯ぐきの中の歯石とり

歯ぐきの中の歯石をとります。
歯周検査を行い、良くなっていない部分を探します。

歯ぐきの中の歯石とり

歯石とり以外の歯周病治療

良くなってこない部分は再度歯石とりを行います。
歯石をとるだけでは良くなってこない場所に、歯石取り以外の治療(外科処置等)を検討します。
歯周検査の結果、歯周病が落ち着いていることを確認できれば次のステップです。

歯石とり以外の歯周病治療

メインテナンス

定期的に歯周検査し、前と比べて悪くなったところがないかをみます。
歯周ポケットの中を専用の機器で清掃します。

メインテナンス

〒670-0837 兵庫県姫路市宮西町4-41 TEL:079-281-8118

Copyright (C) 2009 IZAWA DENTAL OFFICE. All Rights Reserved.